ARTICLE

【学生必見】TOEIC、これだけはやっときたい勉強法!

toiec
ひめじンゴ

Edited by  ひめじンゴ

姫路と阪神とKraftwerkをこよなく愛するいか阪系阪大生。

Hello everyone!! ひめじンゴです!

 

 

 

 

 

 

今日は阪大生なら1回は受けることになろう

 

 

 

TOEIC

 

 

 

の勉強方法について書きたいと思います。

 

 

そもそもTOEICとは?

国際コミュニケーション英語能力テスト(こくさいコミュニケーションえいごのうりょくテスト、英語: Test of English for International Communication)、通称TOEIC(トーイック)とは、英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験である。

TOEICテストは、聞き取り (Listening) が100問と読解 (Reading) が100問の計200問の構成となっている。設問は、身近な事柄からビジネスに関連する事柄まで、幅広くコミュニケーションを行う能力を測る目的で作られている

評価は、聞き取りと読解でそれぞれ5点から495点までの5点刻みで行われ、合計では10点から990点となり、これらのスコアが認定される。スコアは素点による絶対評価ではなく、Equatingと呼ばれる方式を用いて統計的に算出される。これにより、評価基準が常に一定に保たれ、受験者の英語運用能力が同等であればスコアは一定であるとされる

―Wikipedia

つまり、ReadingとListeningの全200問990点満点のテストなんですね。

 

 

 

 

このテストの点数をスコアと言って、

 

  • 就職の要件
  • 昇進の要件
  • 大学院入試での英語の点数

 

などにも使われます。

 

就職で言うと、

 

楽天が入社までに800点を取らなければならなかったり、

(内定には影響しないようですが)

 

 

大学で言うと、

 

阪大の一部の学部では英語の試験をTOEICのスコアで代用したり

 

 

他大でもTOEIC-IPテストを英語の成績に組み込んだり

(阪大ではTOEFL-ITPですね)

 

 

するなど大学生にとっては避けては通れないテストです。

 

 

 

 

そういうテストなら、スコアを上げるに越したことないですよね?

 

 

でも、

 

 

フリー写真 勉強中に悩み込む女子高生

どう勉強すれば良いの??

 

 

 

そうです、そこが死活問題です。

 

 

でも、安心してください。

 

 

センター試験で2桁を取るような

 

阪大生はそうそういないはず。

 

 

 

 

いくら英語力死んだーーーといっても、

 

 

阪大に受かった時点で常人以上の英語力はあるはず。

 

 

 

 

阪大生はみんな

TOEIC990点を獲るポテンシャルはある!!

 

 

そう思うんです。勿論、そのための演習量は人それぞれです。

 

 

まずはこれをやってみれば・・・・?というのを列挙しますね!

 

 

実際、これをやった知り合いは

 

 

初めての受験でスコア875を取りました!!

 

 

 

 

文法を洗いざらい総復習(初級向け)

センター英語の文法でも怪しいという人はまず、

高校の文法書を解き直してみましょう。

分からないところや抜けているところは徹底して覚える!

電車でもバスでも自転車に乗りながらでも!覚える!!

 

自転車スマホのイラスト(女性)

※でも、さすがにこれは危ない。

 

 

初級向けと書きましたが、中・上級の人でもここを固めれば

しょうもないところで落とさないですよ!

 

 

 

問題集を購入

色々とありますが、

無理せず毎日続けられそうなものにしましょう。

毎日継続してやることが大切です。

 

それと時間感覚を養えるような問題集を選びましょう。

大まかな制限時間を設定しているようなものは良いです。

 

おススメは「究極のゼミ」シリーズ。

TOEICのpart毎に演習・対策が出来る上に、

本文中の重要語句や熟語を書いてくれてます!!

 

あと、解いていく中で分からない単語・文法は見つけたら覚えていく。

これは大事です。問題演習で出てきた単語は

文脈もろとも覚えてしまえば頭から忘れにくいです。

 

 

単語帳で覚えていく

付箋の貼られた本のイラスト(横書き)

ビジネス単語や日常で使う単語は高校までの英語では

なかなか出てきません。

上に挙げたように問題演習の中で覚えていくのもありですし、

TOEIC用の単語帳で覚えていくのもありです。

単語帳の良いところは暇なときにパッと取り出して見れること!

 

 

 

英和辞典を最初から覚えていく

単語帳だけでも満足ならない人におススメです。

これを全部暗記できれば

あとは解くスピードとリスニング力を上げるだけ!!

なんなら、TOEIC以外のテストでも通用します!!

 

最上級者向けですね!!!!

 

 

 

 

 

 

 

以上で、リーディングセクションは何とかなります。

 

問題はリスニング!!

 

これは耳を慣らしていくしかないです。

 

そのためにやっておきたいことが、、、

 

 

Dictation

①リスニングの音源を聴いて、聞き取れた単語を書く

 

②2~3回再生してみて、空所や間違えた個所を赤で訂正
③訳文を見て、単語や熟語などの意味を確認する。

 

使う音源は過去問や問題集のリスニングの問題の文章くらいの

 

長さのものであればなんでもOKです!

 

TEDなど無料で聞ける英語のプレゼンも良いですが、

 

難易度が高いですし、TOEICテストの方がしっかり発音します。

 

 

Shadowing

①はじめに音源を聞いてみて、つながって聞こえたり、

音が抜けて聞こえる部分をわかりやすく、スクリプトに書きこんでみる!

※スクリプトは喋っている内容が文字で書かれているやつです

 

 

②音声のすぐ後について音読!大きな声で!

(スクリプトを読みながらでもOK)

 

③見ずに読めるように!意味よりも口に出すことを重視!
④最終的に意味を考えながら見ずに読む!!

 

 

これも音源はDictationと同じものを使ってOKです。

 

 

 

Slash Reading

①音声を聴きながら、文末や話者の息継ぎの個所でスラッシュ
②自分で音読しながら(自分の思う)意味の切れ目にスラッシュ

 

③そのスラッシュした区切れ目毎に音声を聞きながら意味を考える

 

 

 

この3つを毎日15分でも20分だけでも続けてみてください

 

 

格段にリスニングの

聞こえ方が変わります!!

 

 

 

皆さんもこの方法、試していって、

 

自分に合う方法を見つけていってくださいね!!

 

 

では!!!

関連アイコン関連する記事

まち歩き6
bijikon.png
20170518-3
mother