ARTICLE

ベトナムでビジネス!?武者修行プログラムに迫る。

武者修行
かおるん

Edited by  かおるん

可愛い子とお肉が好きな、一応女子大生。

こんにちは、かおるんです!
今回は、

武者修行プログラム

という、とある経験をされた阪大生にインタビューしてきました。

 

「何のプログラムやろ……?」
とピンとこない方にこそ見てもらいたい記事なので、ぜひ今後の大学生活の参考になれば嬉しいです!

 

 

9

今回、このプログラムの経験をお話しして下さったのは、
基礎工学部4回生の、三宅亮太郎さんです!

めっちゃ頼もしい雰囲気漂う方ですね!(※筆者はすぐ美女・美男子スナップ風に書く癖があります←)

 

実は、皆さんに「知らない方に見てほしいです~」とか言いながら、
筆者もこのプログラムについては、全く知りません……。

正直、 「武者修行」単語だけで、
修行僧のような人が来るんじゃないかと思っておりました(単純

 

だから、私のように「武者修行=滝行」ぐらい単純思考な方にも分かるよう、
三宅さんに一から教えてもらったので、質問形式で紹介していきます!

 

インタビュー事項

①まず、武者修行プログラムとは?

Ans)大学生3~4人のグループが、ベトナムで2週間、現地のビジネスを企画・学んでいくものです。
海外インターンに分類される取り組みかと思います。

5

なるほど、海外インターンの一種と考えると、少しイメージ湧いてきますね。
ただ「ベトナム・2週間」というワードには驚き。さらに詳しく聞いてみました。

 

②具体的には、現地でどんなことを?

Ans)ベトナムのホイアンで、僕は現地のバーに配属されました。

11

実際のお写真がこちら。筆者はビジネス=オフィスを想像していたので(再び単純)、
結構驚きました…!

Ans)飲食店・スパ・日本語学校等、配属店舗は様々です。
ただ、例えばスパで実際マッサージをするわけではなく、それぞれの店舗の経営者・マネージャー視点、「この店を良くしていくには」ということを2週間考えます。

7

③2週間の活動内容は?

Ans)配属からさらに、新商品開発・プロモーション・店内の考察に分かれ、どうすれば集客を伸ばせるか等、各店舗の課題と向き合います。

筆者)それをたった2週間でするのは難しそうですね……

Ans)「2週間でビジネスを」ってなると、本当に時間が無いですね。
もう毎日死にそうな思いをします(笑)

2

④死にそうな思いとは……!?

Ans)ちょうど僕が行った時期が、ベトナムの雨季で。店頭に大きな水たまりができて、集客が伸びず…なかなか成果が出なかったんです。その中で、毎日死ぬほど考えました。

筆者)グループで話し合うんですね。

Ans)はい。考える力だけでなく、ディスカッションのスキルも上がります。
ただグループの人によると、ある晩、ホテルで振り返りシート記入しながら、
僕があまりに眠すぎて、ひっくり返ったこともあるらしいです(ご本人は無自覚)。

1

⑤やっぱり体力的にも挑戦することが多いんですか?

Ans)体力的にも、精神的にもですね。
ただ、単にビジネスに興味があるだけじゃなく、
「厳しい環境に身を置くことで、自分を変えよう」参加する人も結構います。僕も、そういった意味で参加しました。

4

 

⑥プログラム参加のきっかけは?

Ans)僕自身は、高校までずっと部活でバスケをやっていて……大学に入って、「本気で何かに打ち込むこと」が少なくなってきたように感じていました。その時に、「大学生活勿体ないな」と思って参加したのがきっかけです。

8

これは、皆さん感じることかもしれませんね。筆者も高校時代は部活に必死だったので、大学の「自由に使える時間」の多さには、戸惑いました。「勿体ない」と感じる時間を積極的に活用することって大事なんだなと痛感。

 

⑦本気で打ち込んで得られたものとは?

Ans)普段の生活の中で、「深く考える」ようになりました。
例えば参加以前、僕は「理系だから大学院に行く」っていう考えがありました。でも、参加してから改めて、「何故院に行くのか」まず考えたり、それによって目標が明確に見えたり……
分のモチベーションがコントロールできるようになりました

ビジネスも、結局は「人と人との関係」で。就活に対する価値観も変わりましたね。

10
(実際のベトナム・ホイアンの様子)

⑧どんな人にこのプログラムをお勧めしますか?

Ans)「阪大だから就活は余裕でしょう」と思っている人には、価値観や自身を変えるきっかけになると思うので、ぜひ参加してもらいたいです。思っていた以上に、他大の学生は積極的で話も上手です。そういったところで、阪大生がもう少し追いついていくことは必要かなと思います。

12

⑨最後に、阪大生に伝えておきたいことはありますか?

Ans)僕は、「挑戦」には
Ⅰ自分は初めてだけど「誰かは最適な方法を知っている」もの
Ⅱ自分は初めてで「誰も答えを知らない」もの
という2種類があると思っています。

このプログラムはⅡの挑戦によって、決断力や「一歩踏み出す勇気」を得られると感じたので、皆さんにも普段経験できない「挑戦」をしてもらえたら嬉しいです。

6

 

以上です!!!

三宅さん、ありがとうございました!

 

武者修行プログラムに興味を持った方は、
下記URLから、説明会へ参加が可能です◎
12月は、個別説明会@阪大も実施!

〈海外ビジネス武者修行プログラム〉 https://mushashugyo.jp/

 

皆さんの大学生活がより充実したものになるよう、私もさらにOUlifeで、色んなことを発信できれば思います。

次回もお楽しみに~~(^^)/

 

 

関連アイコン関連する記事

スライド1
karaage
puyopuyo
スクリーンショット 2017-05-07 15.04.59