ARTICLE

【阪大OGインタビュー】21世紀の女性の生き方をさがす。

20430029_1263694887074529_1814520190235670478_n
蒲生由紀子

Edited by  蒲生由紀子

@ykringum
ユーチューバー なろっかな

“わたしたちSHE株式会社は「ひとりひとりが自分にしかない価値を発揮し熱狂して生きる」を理念に掲げ、21世紀を生きる女性のためのコワーキングスペース〜SHEworks〜を立ち上げました”(HPより抜粋)

この東京、表参道にあるSHE株式会社、じつは阪大およびOUlife OGの福田恵里さんがCCO(Chief Content Officer)を務めているのだ。

 

 

東京で活躍している阪大卒の人はたくさんいても、現役阪大生はなかなか東京まで出向いて話を聞く機会が設けられないと思う。そこでOUlifeの後輩として東京に飛び、オフィスで話をうかがってきた。

「阪大で私は異質だった」と言いながら、思い出を語る福田さん。

 

 

 

プロフィール 福田 恵里 大阪大学外国語学部スペイン語専攻2016年卒。学生時代はダンスサークル(フリ光)、OUlifeに所属。サンフランシスコと韓国への留学、さまざまなメガベンチャーでのインターンも経験。その後学生時代に、女の子がWEBデザインを学ぶサービス「Design Girls」をリリース。卒業後リクルートに入社し、ゼクシィやリクナビなどのアプリUX開発に携わる。2017年6月、リクルート出身の女性と共同で「株式会社SHE」を設立。

プロフィール 福田 恵里 |
 大阪大学外国語学部スペイン語専攻2015年卒。学生時代はダンスサークル(フリ光)、OUlifeに所属。サンフランシスコと韓国への留学、さまざまなメガベンチャーでのインターンも経験。その後、学生時代に、女の子がWEBデザインを学ぶサービス「Design Girls」をリリース。卒業後はリクルートに入社し、ゼクシィやリクナビなどのアプリUX開発に携わる。2017年6月、リクルート出身の女性と共同で「SHE株式会社」を設立。

ダンスに夢中だった大学時代前半と、留学経験

ーー阪大時代はどんな大学生でしたか?

サークル仲間とOUlifeを立ち上げて運営していましたが、大学3回生までは、ずっとストリート・ダンスサークル1本でした。本当に普通の大学生というか。飲み会行って、サークル行って授業ちょっと受けて。面白くない大学生という感じでした(笑)

ーーダンスサークルということは、Twitterの名前“えりらざぴ(@eri_razapii)”はもしや…?

サークルの呼び名です。スペイン語専攻だから「らざにあ」、長いから「らざぴ」になりました(笑)

 

ダンスサークル、フリーダンス光岡様

ダンスサークル・フリーダンス光岡様

 

ーーサークルを引退後、留学されたんですね。

当時は、将来アメリカの南米との貿易会社で働きたいと思っていたので、留学はずっと行きたかったです。スペイン語も英語も使える西海岸ということで、サンフランシスコで9ヶ月留学することにしました。

サンフランシスコってシリコンバレーが近いんです。シリコンバレーはITの聖地と言われているところで、Google、Facebook、Twitterなど世界の名だたるIT企業が集まっている地域。

サンフランシスコもスタートアップやITベンチャーが多くて、日本からも「アントレプレナーシップを学びたい」「企業したい」という学生や社会人が来ていました。彼らと仲良くなってカンファレンスやミートアップに参加してみると、全く自分には知らない世界が広がっていました。

たとえばiPhoneなんて7、8年前は全然スタンダードじゃなく、誰もがこんな風に持っている世界を想像できなかった。そんな次世代の「当たり前」を自分達も作ろうと切磋琢磨している方たちを見て、純粋に「かっこいいな」と思いました。

 

ーーその後、韓国にも行かれたんですね。

私は在日韓国人なのですが、サンフランシスコにいたとき、自分がどういうバックグラウンドの人間なのかを問われる場面が多かったんです。ジャパニーズコリアンと言っていたけど、日本で生まれ育ったし韓国のことを全然知らなくて。自分の言葉で文化を語りたいと思ったことがきっかけで、韓国にも行きました。

 

留学後のインターン、そしてWEBデザインに夢中に

留学したは良いものの、実際学んでいたのは語学学校での英語だけでした。結局語学はツールでしかないし、それを使って自分は何ができるか?ということがわからなくて…。

何か作れるわけでもなし、ビジネスの知識が豊富なわけでもなし。じゃあ知識をつけようということで、帰国後にITメガベンチャーでインターンをしたり、WEBデザインのスクールに行き始めました。

その中でも楽しくなってきたのがWEBデザインです。私は今まで他人に誇れる価値がなかったんです。でもデザインスキルを身につけるようになってから、阪大でもOUlifeのハンダイセブン企画などでHPを作ったりして反響をもらうようになったり。

 

2014年におこなわれた阪大から「最も尖った7人」を選ぶコンテスト。 自薦・他薦により選ばれた総勢14名の「尖った」ノミネート者達の中から、 大阪大学の学生らによるWEB投票を経て、選ばれたトップ7名には名誉ある「トンガリアワード」が送られた。

2014年におこなわれた阪大から「最も尖った7人」を選ぶコンテスト、ハンダイセブン
自薦・他薦により選ばれた総勢14名の「尖った」ノミネート者達の中から、
大阪大学の学生らによるWEB投票を経て、選ばれたトップ7名には名誉ある「トンガリアワード」が送られた。

 

サイト公開から3日間で7万PV、サイトへのいいね!数は1000超えを記録した。

サイト公開から3日間で7万PV、サイトへのいいね!数は1000超えを記録した。

 

こうした小さな成功体験がいくつかあったことで、自分が何か作りたいと思ったときに、どうすれば良いかがイメージできるようになったんです。世間から見たら小さいけど自分の中では大きい変化で、「インターネットってすごい」が確信に変わり、その道に進むことにしました。

 

女性向けのデザイン・プログラミング学習サービス「Design Girls」をリリースして反響を呼んだのも、その時期です。

 

10444564_665745813536109_8662184405305327978_n

 

10897739_672361149541242_3373403660528820068_n

 

 

女性がターゲットのサービスが多いのにかかわらず、女性はITの世界に入ることに障壁を感じている場合が多いため、ITに対する見た目や伝え方を変えようと阪大在学中に立ち上げた「Design Girls」。

全くITに興味がない子たちに向けて、女性が親しみやすいパステル系の色を使って文言にも気を配り、かわいいデザインとなっている。休憩時間にヨガをして美味しいスイーツを食べるなど、女の子がワクワクするようなコンテンツを盛り込んだ、2日間でデザインもコーディングも学べるプログラム。

 

 

受講生の累計およそ300人、実際にエンジニアやデザイナーになった卒業生もいる。少しでも彼女らの人生に良い影響を与えられたとわかったことが、今の会社を起こすと決めたときのモチベーションに影響しているそうだ。 

 

ジェネラリスト的に、全部できる人材になりたい

ーー福田さんはさまざまなことをこなしていますが、やはり福田さんだからこそできた気がしてしまいます。自分にしかない価値って、なかなか見つけるのが難しいです…。

いや、私だからできたとか、そういうことはないです!阪大生にも、自分にはできないとは思ってほしくない。

何か1つだけのスキルじゃなくて、ある程度一貫してソリューションを提供したいという思いはあります。私の場合は、デザインをやっていくうちにどんどん引き出しが広がって、派生してコーディング、プログラミングとできるようになっていきました。

 

10649086_709056692538354_9095888012684507571_o

 

表面上のデザインができるだけでは本質的な課題解決や事業を大きくするなど、コアな部分に食い込んでいけるわけではない。

そこで、「上段のビジネスから下流のそれを表現するところまでできると良いな」と思考がだんだん変わって、UXやビジネスサイドの知識をつけるようになりました。

初めから全部やらなきゃとは思わずに、自分はこれが向いてそうなものを1個だけ見つけて、それを最初にやるのがシンプルかなと思います。阪大生も、何かやりたいことがあれば、これならできる!というものをひとつ見つけて、そこから派生させていってほしいです。

 

現在の事業「SHE」

将来的に独立したかったことから、起業家輩出企業と言われているリクルートに新卒で入り、2017年6月にSHE株式会社を立ち上げました。

 

SHEの世界観に合ったイラスト。知り合いにデザイナーさんがいて、その人にお願いしているそうだ。

SHEの世界観に合ったイラスト。知り合いにデザイナーさんがいて、その人にお願いしているそうだ。

 

SHEの講座は25から30歳くらいの女性がメインになってはいますが、大学生から社会人や主婦まで来るし、社会人はさまざまな職種、業種の方がいらっしゃいます。

80歳のおばあちゃんが生き方を20代に語るとか、18歳の高校生が、おばあちゃん世代にスマホの使い方を教えるとか、年代を問わず相互がリスペクトして学び合えるコミュニティが理想だと思っています。

私たちの会社のビジョンは「ひとりひとりが自分にしかない価値を発揮して熱狂して生きる」

自分にしかできないことはどこから生まれてくるかというと、自分が本当に夢中になれることや好きなことから生まれてくるのではないかと思っていて、そういう思想から事業に落とし込んでいます。

「好きを仕事にする」というフレーズをよく聞きますが、言うのは簡単でも実現することは難しい。

SHEではそれをただの綺麗事で終わらせるのではなく、本気で実現するために3ステップで事業を展開しています。

①好きを見つける ②見つけた好きを仕事にできるレベルまで深掘る ③好きを継続的な仕事にしていく この3つのフェーズに合わせてそれぞれサービスを提供しています。

 

image

 

25498468_1389381974505819_4908922109411508746_n

 

好きを見つけるSHElikesでは、個人名で活躍している様々な方々を講師としてお呼びしてレッスンをしていただいています。

過去に登壇して頂いた方々で言うと、モテクリエイターのゆうこすさん、SNSで爆発的な人気を誇るライターのさえりさん、カツセマサヒコさん、millieu編集長のしおたんさん、シンデレラバストfeastのブランドディレクター ハヤカワ五味さん、現役東大生でホテル経営者の龍崎翔子さん、現役女子大生社長の椎木里佳さんなど、錚々たる面々に講師を担当いただきました。

 

21752482_1308296335947717_8893351593803039312_n

 

身近なところからできることを

ーー行動力があったり、SNSを使いこなせるのはすごいと思います。でも大学内にいるとやっぱり、ITとかって東京の一部のキラキラした人たちの別世界のようにも思えてしまいます。。

私も、似たようなことを学生時代に思っていました。そんなに東京に出ることにも興味がなかったし。

ただ、東京の良いところは、色んな価値観を持った人が集まっているところと、圧倒的な情報の量ですよね。私は刺激が多いことが好きだから、今この生活がすごく自分には合っていますね。

やっぱり「実際に人に会う」ことで得られるものって大きいので、オンラインサロンではなく、あえてこうしたオフラインのコミュニティを作っているのもあります。

社会人になると、どうしても学生時代のように交友関係が広がりにくいから、SHEはコミュニティの役割もあるんです。今は毎週SHEをやって、色々な人から刺激を受けて、忙しいけど楽しい毎日ですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

情報面で東京と比べてハンデはあるけど、今はネットで情報が手に入りやすくなっているので、関西にいてもその気になれば何でも新しい挑戦ができると思います。そうしていくうちに、自分に合ったものが見つかるかもしれません。

私はデザインスキルをアップさせるために大阪のデザイン会社でアルバイトをしていたけど、デザイン経験がなくてもPhotoshopがさわれるのを見せられれば良かったり、一から教えてくれるところもあるので、興味があれば身近なところでチャレンジしてみるのも良いと思います。

阪大は行動したり発信したりする人が少ない印象なので、もっと自分がやっている面白い取り組みを外に向けてアピールしていってほしいです!

 

 

ーーーーーーーーーー

 

SNSではキラキラしているように見えた福田さんだが、実際お会いして話すと、関西弁混じりの口調やほんわかした雰囲気に、人を安心させる親しみやすさを感じた。

SHEの講座は、体験レッスンが3500円で受けられる。阪大の女の子も、東京へ行ったときに講座に参加してみたら新たな世界が見えるかもしれない。

※男の子は参加できないのでごめんなさい。

 

ホームページ https://she-inc.jp/likes/

 

講座

SHEの講座一覧

 

 

(文、写真:蒲生由紀子)

関連アイコン関連する記事

リレー企画_あおち
sigmajk
logo のコピー 2
『映画大好きポンポさん』杉谷 庄吾【人間プラモ】