ARTICLE

【リレー企画】好きなアーティストを主観と偏見で語るvol.2 ひめじンゴ編

リレー企画_artist_ひめじんご
ひめじンゴ

Edited by  ひめじンゴ

姫路と阪神とKraftwerkをこよなく愛するいか阪系阪大生。

どうもです、ひめじンゴです。

 

 

最近の記事の書き出し、暑いしか言ってない気がします。

 

 

でも、それ以外思いつくわけでもないので、さっそく本題に入りやんす。

 

 

 

 

ずばり、好きなアーティストを語る!

 

 

 

うーん、難しい・・・難しすぎる・・・

 

 

迷っちゃうんですよね、2つあって、

 

その2つ以外はほぼ聴かない!

 

 

なので友達とカラオケに行くときも歌う曲が偏る偏る…

 

 

 

とりあえず、2つとも名前だけ紹介しましょうか

 

 

ずばり、

 

サカナクションとKraftwerk!!

 

 

 

 

 

 

で、今回紹介するのは、、、

 

 

大学生では知っている人があまり少ないだろうKraftwerkを。

 

「kraftwerk 2018」の画像検索結果

 

 

御年72歳のボーカル兼リーダーのRalf Hütter を中心とした4人組のバンドです。

 

メンバーは変遷が多いですが、今は上のような陣容です。

 

 

 

彼らの凄いところは、、、

 

 

①バンドスタイル

 

②テクノポップの祖

 

③長年にわたるバンド活動

 

 

です。早速紹介していきましょう。

 

バンドスタイル

で、写真からも分かるように彼らのバンドスタイルが独特。

 

ハイテーブルとその中にあるシンセサイザーやらシーケンサーやら

 

PCやら、、、などを使って、

 

原則無表情・ノーリアクションで演奏しているのです。

2010年代入ったあたりから、そうでもなくなってきましたが

 

 

 

こんな感じで

(引用元:https://www.sequencer.de/blog/kraftwerk-2015-controller-check/21649)

 

uWIJwY8

ボーカル・シンセのRalfさん

 

ePcCAb3

キーボードとかベースとか音関係やってるHenningさん

 

VsfB9gp

パーカッションのFritzさんの分。

 

Nk9cNzU

???のFalkさん。

 

 

 

最後のFalk(ファルク)さん、音楽バンドにも関わらず、

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと演奏には関与していません。

 

 

バックで流れている映像のコントロールをしている!!

 

 

そうです。

 

 

 

一昔前は机の上にPCを広げてて、

manmachine

それはそれでカッコよかったです。

 

 

 

 

サカナクションもライブで同じようなスタイルをすることがありますね。

 

 

 

 

テクノポップの祖

そんな彼らの凄いところその2はテクノポップの祖と呼ばれていること。

 

 

テクノポップというと、日本ではYellow Magic Orchestraが代表的ですが、

 

そのテクノポップを70年代後半から80年代前半に拓いたのです。

 

 

 

 

彼らのアルバムの多くもその頃に出されたもので、

 

1974 Autobahn

1975 Radio-Activity

1977 Trans Europe Express

1978 The Man Machine

1981 Computer World

1986 Electric Cafe

 

 

 

 

こんな感じでどんどんどんと出していました

 

個人的に好きな一曲が、The Robots。シュールすぎます。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

が、しかし。

 

1986年のElectric Cafeのあたりから制作スピードは

 

落ちていき、早く作ろうよ!というメンバーが抜けていき、、、

 

 

 

1991年に新アルバム『The Mix』が出た!

 

 

 

かと思えば今までの曲のリミックスだったり。

勿論、曲によってかなり変わった曲もあって、ファンにとっては大満足だったかと

 

 

 

 

で、完全新作アルバムは17年ぶりとなって、

 

2003 Tour De France

 

が出ました。

 

 

そして、そこから再び長~い、、、というか

 

 

 

 

 

ぶっちゃけると、

 

 

 

 

今の時点で完全新作が出ていません!!

 

 

 

はい。

 

 

 

その間、何をしていたかというと、

 

 

延々と、

 

 

 

 

延々と

 

 

 

 

延々と

 

 

 

 

ライブツアーをしております(ほぼ毎年)

 

 

 

一応、完全新作出ないものの、アルバムも去年出ました。

 

 

今まで作曲してきた曲全曲が、ライブで演奏しているバージョンに

 

リミックスされた、、、というアルバム。

 

 

 

Kraftwerkファンの私からすれば、

 

 

 

もう、新作じゃなくても良い、最高!!!

 

 

 

という感じでした。

 

 

私がファンになったのが、3~4年前とかなので、

 

ファンになってから初めてのアルバムで、感慨深かったです。

 

 

 

もうね、新アルバム出なさ過ぎて、

 

 

彼らがアルバム出さなくても、年20回くらいやってるライブの

 

 

少しの音の変化だけで楽しめてしまうわけです。

 

 

 

あ!ここのアレンジが変わった!音色が変わった!

 

 

ヴォコーダー(簡単にいうとロボットボイスみたいなやつです)が変わった!!

 

 

 

 

 

 

でもよく考えると、、、

 

 

 

 

バンドリーダーのRalfさんは御年72歳。

 

 

彼が唯一の創設時のメンバーで、彼がいなかったら、

 

Kraftwerkと言えるのか、、、?

 

そして、彼が死んでしまうまでに新曲は完成するのか・・・?

 

 

 

こればかりはKraftwerkファンのしばらくの悩みとなりそうです。

 

 

 

 

こんな感じで、味わい深いバンド、Kraftwerkが私の好きなアーティストです。

 

 

 

 

 

 

次ページ以降はかーなり、ディープなKraftwerkの話を

 

書いているので、興味のある人はぜひ。

関連アイコン関連する記事

logo のコピー 2
『映画大好きポンポさん』杉谷 庄吾【人間プラモ】
20430029_1263694887074529_1814520190235670478_n
15776777_1220000264761173_2135378916899662974_o