ARTICLE

【インタビュー】これからは飲食店とマッチングする時代!?阪大院生が作るアプリ[LET’S Drink]が凄かった!

アイキャッチ真
モリ

Edited by  モリ

殻に向かって全力スイング!!

モリ:なぜ、このアプリを開発されたのですか?

梅田のキャッチが大の苦手

笑顔のやぎゅうさん
やぎゅうさん笑顔

キャッチサービスをなくしたいと思って(笑)梅田とかめっちゃおるやんか、おれめっちゃ苦手やねん。めっちゃついてくるやん(笑)デートしてるときとかにさ、来られたら、「あー!今から口説こうとしてんのに!」キャッチが「おにいさん今からどこ行きますー?」って。いやいや、2件目ちゃうねん。もう決めてんねん!って。お前それで女の子がいこーとか言ったらどうすんねんと。

 

 

モリ:わかります(笑)キャッチって空気読んでくれないですもんね。このアプリが広まることでキャッチがいなくなるんですか?

      うまいキャッチ

図:たまにいるついついひっかかちゃう、うまいキャッチ

 

やぎゅうさん笑顔

なくなる!キャッチがお客さんを捕まえれる理由って何かわかる?

 

 

モリ:強引さですかね?(笑)

 

やぎゅうさん笑顔

強引さか(笑)、それもあるけど、一番は情報やね。お店のリアルタイムの空席状況とか、メニューと値段とかすぐ教えてくれるやんか。

このアプリさえあれば、今まではそういうキャッチだけが持ってた情報を、お客さん側からアクセスできるようになるんや。しかも、キャッチはたまたま通りかかった人に対して情報を渡すから、その情報も知ってる人と知らない人が現れてしまう事も問題やけど、LET’S Drinkがあればそういう情報の格差はなくなるねん。このアプリでキャッチがいない平和な梅田になってほしいな

キャッチ縮図

図:情報のアクセスの方向を示した図→情報をあげたいキャッチと情報が欲しいLET’SDrinkユーザーとのギャップ

 

 

モリ:なるほど、空席状況やお得メニューがキャッチだと限られた情報が限られた人にしか届かないけど、このアプリだと多くの情報が均等に届くという事ですか。

 

 

(キャッチのいない梅田、平和)

逆に寂しいかもしれないですね(笑)

 

 

やぎゅうさん笑顔

 

寂しいか(笑)それはあるかもね。

 

 

キャッチをなくすための大前提として、このアプリを普及させることが大切だと思うのですが、どのように展開していくのですか?

 

石橋商店街がイノベーションの鍵

 

小西さん&Let's drink_35

 

花谷さん横顔今年の11月にリリースなわけやけど、阪大生である事を全力で生かして石橋商店街からこのサービスをスタートしたいなと。石橋って凄い土地やと思うねん。商店街に行ったら飲み屋がめっちゃ多いし、そこらへん歩いたら絶対に阪大生がおるやん。

 

モリ:あ!たしかに、石橋は宝塚線で十三の次に飲み屋が多いってタクシーの運ちゃんが言ってました!

 

花谷さん横顔そうそうそう、俺ら阪大生がよくいく居酒屋に絞ってまずはこのサービスを広めたいなって。石橋からこのサービスを広めて、次は梅田、なんば、そして東京とか日本全国に広がってほしいなって思ってる。

要は石橋からイノベーションを起こしたいなと。

 

モリ:石橋からイノベーションですか!かっこいいですね!

 

 

やぎゅうさん笑顔将来的には、阪大坂を降りる学生がLET’S Drinkのアプリ片手に、「今日どこ行こうかなー。」みんな飲み屋探してるやん!みたいな。そういう感じまでグロースさせたいよね。

阪大生やからこそ、石橋商店街で圧倒的に使ってほしい!ただ、俺らは吹田やから その光景を全く見ることはないねんけど(笑)

 

 

 花谷さん横顔確かにね(笑)このアプリを使ってバルイベントを定期的に開いたりとかもしたいよね。

 

モリ:このアプリで、毎日日本のどこでlet’Drinkバルが起きているとか想像しただけで楽しそうですね!!

バル

図:LET’S Drinkで乾杯の図

モリ:ビジネスコンテストにも出場したとお聞きしたんですが

 

 

花谷さん横顔出たよ!そう、そこで大阪市の経済戦略局の人とつながれてバックアップを受けたり!センサーデバイスを作っているベンチャー企業の人ともそこでつながって、うちの商品と相性いいからぜひ一緒にやろう!って話進んでる

 

モリ:センサーデバイス、、、ですか、、、?

 

 

花谷さん横顔そうそう、センサーデバイス(笑)

今はお店の人に随時お店の空き状況を更新してもらう形なんよ。そこで、席にお客さんがいるかどうかのセンサーを取り付けてもらうことで、自動でアプリに空席状況が反映される仕組みにしたい!

 

モリ:すでに大きくプロジェクトが動き出しているんですね。

花谷さん横顔

そう!いまからが本当の勝負かな!

 

 

モリ:頑張ってほしいです!!

 

 

このように活発的に活動するお二人から阪大生に対して何か伝えたいことはありますか?

阪大生よ、うごけ

 

 

花谷さん横顔

2つあって、まずは挑戦

今回、このサービスを作って思ったのが、「学生」っていう立場はすごい優遇されているってことかな。やっぱり、ビジネスコンテストに出たときに思ったんやけど、大人って学生に対してすごい応援してくれるんや。足りない情報に対してはフォローしてくれるし。大人から、悪い様に言ったら「なめてかかられる」こともあるんやけど、だからこそ食い下がって真剣さを伝えれば、周りの大人は応援してくれるはず。そういう環境をうまく使っていろんなことに挑戦してほしい!

そして、もう一つは、 なんでもいいから、自分のアイデアを発信してほしい

発信する人の図

図:イノベーションが起ころうとしている瞬間の図

 

今回がまさしくそうやけど、柳生に「こんなんできる?」って相談したところからこの話が始まったんよ。最初はしょうもないアイデアやってんけど、話すことによって話が具体的に落とし込まれていくから。自分に自信をもてってことじゃないけど、自分がやりたいことを積極的に外に出していくことが大切やと思う。そしたら応援してくれる人もいるし、そこに共感した人が集まってくれると思うから。

 

 

モリ:「こんなんできる?」からここまでの段階になるんですね(笑)

 

 

 
やぎゅうさん笑顔プログラミングを始めてからエンジニアっていう立場で外部によく出るようになったんやけど、そこで、ほんまに思うのが、外部にでて阪大生に会うことがまずないっていう事。基本見るのは関関同立。個人的に悔しいんよ。阪大生ってポテンシャルがあるはずなのに内にこもってしまっているから、チャンスがとられてんねん。もっと外部に出てほしいと思う。

 

からこもりたい

図:阪大坂はもう登りたくない阪大生の図

 

 

モリ:たしかに内にこもりがちな人多いですよね。僕も人のこと言えませんが(笑)

 

 

やぎゅうさん笑顔なんか、偉そうに語ってもーた(笑)

フリ光に見られたらめっちゃはずいわこれ(笑)キャラめっちゃ変わってもうてるやんって(笑)

 

モリ:昔とキャラ違ってるんですね(笑)

最後に

モリ:お二人とも、来年から別々の会社に就職するとのことですけど、このサービスは続けていかれるのですか?

 

花谷さん横顔

 

もちろん、続けていくよ!

 

 

 

やぎゅうさん笑顔

学生生活としては後6か月やけど、二人とも東京やし、このサービスがんがん大きくしていくよ!

 

モリ:ほんとですか!とても楽しみです!5年後10年後、LET’SDrinkでお店探しが当たり前の社会にしてほしいです!

その時は、この記事書いたこと孫の代まで言い伝えます(笑)

 

 

 

それでは、今日はありがとうごz

 

 

 

 

 

やぎゅうさん笑顔ちょっと待って!!!

 

 

 

モリ:ファッ

 

 

やぎゅうさん笑顔最後にチームメンバーの告知させて(笑)

忘れてた

 

 

モリ:ど、どうぞ!(笑)

 

LET’S Drinkではこんな人を募集してます

エンジニア

・(必要)webアプリケーションをなにか一つでも作ったことがある人+Git

・React NativeやFirebaseなどモダンな技術に興味がある人

・一緒に盛り上げてくれる人

・iOS/Androidエンジニア

・推薦システムやAIの実装経験のある方

2018年12月にはアンドロイドアプリを出す予定です。

マッチング率を高めるリコメンド機能を実装予定です。

デザイナー

・デザイナー!

ビジネス

・石橋の飲食店を盛り上げたい人

・営業経験が欲しい人

・めっちゃスタートアップを経験したい人

・PDCA光速回転したい人

大手コンサル内定者(花谷さん)がファイナンスやマーケティングに対しての知識を教えます。

 

 

やぎゅうさん笑顔

です!一緒に阪大を盛り上げる人、絶賛募集中です!気になる方まずはご飯でも行きましょ!

また、バイト先の飲食店でサービスの導入を検討してみたい方、店長と協議の上TwitterでDM下さい!


 

気になる方、まずはお話を聞いてみたい方は

@LETS_Drink_app

twitterにて「興味あるの一言」DM待ってます!


 

 

改めて、柳生さん、花谷さんありがとうございました!

 

 

ふぅ。記事も書き終わったしLET’S Drinkでお店でも探そうかな

 

LET’S Drinkについて

公式ホームページhttp://linkhack.co.jp/lets-drink

公式ツイッター:@LETS_Drink_app

2018年11月iphoneアプリ リリース予定!

 

 

『近くの』『すぐ入店できる』

お店がたった1分』で見つかる!

飲食店マッチングアプリ

図3

LET’S Drink

OUlifeについて

私も取材してほしいという方、気になる方はこちらからDMお願いします!

twitter:@OU_life

mail:OUlife.official@gmail.com

関連アイコン関連する記事

F72C1C77-30B5-4E9A-9C3E-3C2B806A69EB
toilet_eye
図10
logo のコピー 2